<衆院選・東京13区>野党候補を応援し、憲法9条改正をはばむ市民と立憲野党の共闘をさらにすすめよう!

 日本の立憲民主主義と平和の命運を決する衆議院選挙がたたかわれています。
私たち「市民と政治をつなごう!市民連合あだち」は、市民と野党共闘の候補の一本化をもとめてぎりぎりまで努力を続けてきました。立憲民主党・北條候補と日本共産党・祖父江候補とは、市民連合あだちとの間で安倍政権の進める憲法9条改正に反対、安保法制など立憲主義に反する諸法律の撤回など基本的な政策合意をかわすことができました。深く感謝するものです。市民と両候補者、支持者どうしが相互にリスペクト(尊重)し合う良い関係もできました。
これをふまえ、多くの市民の期待を受けながら候補者一本化を各政党に働きかけてきました。両党には誠実にこたえていただきましたが、残念ながら候補者調整が間に合いませんでした。
市民連合あだちの設立の趣旨・立場からすると、どちらか一方の候補を推薦し選挙運動をすることは不可能です。どのように選挙に取り組むかは、市民お一人お一人の判断にゆだねられます。両候補には多くの支持が集まり、ぜひとも議席を獲得していただきたいと強く思います。
また、比例区においても立憲三党(日本共産党、立憲民主党、社民党)それぞれが一票でも多く獲得できるように期待するものです。
12区においては、市民と野党の共闘が成立し、池内候補(日本共産党)が奮闘しています。市民連合あだちの設立趣旨・立場から推薦できますので、池内さんを全力で押し上げましょう。
今回の選挙で、さらなる憲法破壊をくいとめ、尊厳ある暮らしを守る市民と立憲野党勢力が前進するように、みなさん引き続きがんばりましょう。
なお、選挙後においても市民連合あだちはいっそう団結を固め、安倍総理の退陣と憲法9条の改悪阻止に向けた闘いを強めます。立憲野党と一丸となって強固な立憲民主主義の砦を築くべく全力を尽くしていきましょう。
今後とも、これまで以上のご協力、ご意見をいただけますよう心からお願いいたします。

2017年10月12日
市民と政治をつなごう!市民連合あだち

10月8日(日)午後4時から街頭宣伝

市民連合あだちでは、午後4時から北千住駅西口で街頭宣伝を行います。賛同される方のご参加をお願いいたします。

政策懇談会に121名の方が参加―2017年9月20日

足立区綾瀬の足立区勤労福祉会館で開催された「市民と政治をつなごう!第1回政策懇談会」に、121名の区民が参加、出席した衆議院選挙予定候補と様々な内容で意見交換し、間近に迫った衆議院解散・総選挙に何としても野党統一候補で戦おうと意思を固めました。

会場の発言では、とにかく国民にとって害悪でしかない安倍政権を倒すために、野党共闘を足立から、との要望が多く出されました。2候補からも野党が手をつながなければ安倍政治、安倍政権の下での憲法改悪の動きは止められないと、共闘の決意が述べられました。

  • 市民連合代表の中山武敏弁護士が開会挨拶
  • 吉田事務局長が司会挨拶、候補者紹介
  • 民進党・北條智彦予定候補と日本共産党・そぶえ元希予定候補の発言
  • 会場から質問・要望―各候補からの発言・回答
  • 沓澤氏より今後の取り組みと課題提起-これから行動の具体化を至急始める、統一候補擁立を急ごう
  • 吉田万三氏より閉会あいさつ、候補一本化ははじめの一歩、その後の取り組みに力を尽くし、とんでもない安倍政権を倒そう。
発言する民進党候補・北條智彦さん(左)と日本共産党そぶえ元希さん
発言する民進党候補・北條智彦さん(左)と日本共産党候補そぶえ元希さん(右)
発言するそぶえ元希さん(左)と北條智彦さん(左)
発言するそぶえ元希さん(右)と北條智彦さん(左)