「コロナ禍を克服するために、PCR検査の拡充等を求める陳情書」を区議会に提出しました。

1月18日に足立区議会事務局に陳情書を提出し、受理されました。
なお、陳情書は同じものを共産党と立憲民主党(小椋修平議員)にも置いてきました。なお、小椋区議は2月22日午後2時から区議会で「PCR検査について質疑」するということです。

 

陳情書
令和3年1月18日
足立区議会議長 鹿浜 昭 様

瀬田裕和

コロナ禍を克服するために、PCR検査の拡充等を求める陳情書

新型コロナウイルス感染者の数が止まりません。東京都は1月17日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに1,592人確認されたと発表しました。日曜日に確認された感染者数としては1月10日の1,494人を超えて過去最多となりました。重症者も常に最高を更新し続けており、「医療崩壊」が叫ばれる事態となっております。さらに、新規感染者の半数以上が感染経路不明であり、市中の感染状況が適切に把握できていないように思われます。
足立区の新規感染確認数も1週間(1月6日~1月12日)で551人と急増し、累計4,219人(1月15日の時点)となり、都内屈指の感染者数を出しております。ですが、事業所等における検査は残念ながら行き届いているとは言えず、実際にはこの数字以上に感染が拡大している恐れがあります。
現在の足立区の検査能力はおよそ週4,000人前後と伺っております。注目すべきは、足立区のPCR検査の陽性率が10%台と高い水準にとどまっていることです。陽性率が数パーセントを超えた段階で検査体制を拡充することが、コロナ封じ込め対策の基本であると世界的に認識されております。足立区でこれほどの高い陽性率が出ているということは、検査数が絶対的に不足していることを示しているのではないでしょうか。
また現在、ワクチン接種の準備が行われておりますが、全住民が接種を完了するには2年程かかると見込まれております。したがって、その間、PCR検査を拡充して区民の安全を確保することが、区には求められています。感染を抑え込むためには、無症状の方も含め感染者を早期に発見することが必要であり、そのためには検査体制を抜本的に強化し、感染者を早期に捕捉する必要があります。

陳情項目
1.感染者増の現状に鑑みて、早期に区内のスクリーニング検査(希望者全員の無料ないしは、廉価な検査)を行うこと。
2.医療現場や介護施設、保育園や学校など、感染リスクの高い施設については、社会的検査として定期的にPCR検査を行い、早期に無症状感染者を含めた陽性者を発見すること。
3.事業者等で感染者が確認された場合、濃厚接触者だけではなく同じ事業所内の希望者全員にPCR検査を実施すること。
4.感染状況を把握し効果的な抑止方法を実施するために、コンタクト・トレーシング部門を設置すること。

「第2回 コロナ禍 足立たすけあい村」実行委員会の報告

「第2回 コロナ禍 足立たすけあい村」実行委員会

2月3日(水)午後6時30分から 教育会館(西新井)

昨年12月30日に開催した「コロナ禍 足立たすけあい村」は、多くの市民のみなさんに支えられ、少なからぬ人の支援になったと思います。このような取り組みは、ますます必要だと認識が共有されました。そこで、第2回のたすけあい村をどう持っていくか、その他の件に関して議論しました。

第2回 コロナ禍 足立助け合い村

・開催日時  3月28日(日)

・場所    西新井さかえ公園(予定)

・取り組み内容  提供品目は主に食品とする、衣類は前回に残ったものを提供する、何でも相談(くらし、雇用、医療など困っていること)。 会場に来られない人に支援をどう届けるか

・宣伝と情報の改善  情報弱者といわれる方に宣伝を届ける工夫

◇足立区で感染者が多数出ている現状を改善するために「PCR検査拡充を求める陳情」を市民連合として区議会に働きかける。それにかかわって要請署名活動も行いたい。

次回は、2月17日18時30分から西新井教育会館「第3回 コロナ禍 足立たすけあい村」実行委員会