2月17日「市民と政治をつなごう 呼びかけ人会議」のご報告

〇とき:2/17日(土)PM1:30開場。 2:00開会~4:00閉会
〇ところ:千住介護福祉専門学校
今回の会議の目的は、昨年4/27日に発足した「市民連合あだち」に対する呼びかけ人同士の親睦と、更なる呼びかけ人、賛同人の獲得を目的としたものです。
2017年12/31日現在では、呼びかけ人109名。賛同人14名。議員等賛同人13名。計136名です。なお、会場には40名以上の参加者が集まりました。

呼びかけ人、賛同人の肩書きも多様で、自治会長、僧侶、弁護士、会社取締役、市民運動家、元足立区長、シンガーソンガー、フラメンコギタリスト、大学講師、カトリック司祭、立正佼成会員、行政書士・・ 多士済々の市民が集まりました。
会議では、これ迄の「市民連合あだち」の活動報告とこれからの行動提起、参加された政党候補者、12区前共産党衆議院候補者池内さおり(前国会議員)、13区前立憲民主党衆議院候補者北條智彦、同前共産党衆議院候補者そぶえ元希氏の挨拶があり、その後に会場参加者からの意見交換がありました。

▼活動報告
▪2017年4/27日「市民連合あだち』発足
▪同9/20日 「市民と政治をつなごう!政策懇談会」
▪同10/5日 「市民連合あだち」と衆議院東京13区野党候補者との政策合意書に調印。

「政策協定書」

  1. 安倍政権が進めようとする憲法九条改正に反対します。
  2. 特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法など安倍政権が行った立憲主義に反する諸法律の白紙撤回を求めます。
  3. 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽の疑惑を徹底究明し、透明性が高く公平な行政を確立します。
  4. 原発に依存しない社会の実現に向けた地域分散型エネルギーの推進を推し進めます。
  5. アベノミクスによる国民生活破壊、格差と貧困を是正します。
  6. 北朝鮮の核開発と緊張激化に対しては、武力によらず外交による解決をめざします。
  7. 沖縄県民の民意を尊重し、基地の過重な負担を軽減します。

▪10/8日 共産党と立憲民主党へ一本化の要望書

▼行動提起

〇「市民と立憲野党をつなぐ対話集会」を2ヵ月に1回程度行う。

▪第一回 4/11日(水)PM 6:30~8:30 こども支援センター元気。テーマは「北朝鮮とどう向き合うか?憲法9条と安全保障」

▪第二回 6/7日(木) テーマは募集中

〇「3000万人署名」5月末迄に達成する。

〇呼びかけ人、賛同人の獲得

▼意見交換会

今回の会議のメーン設定であり、時間もたっぷりと取りました。この内容は録音に録っており後日、詳しい内容はメールします。

「市民連合あだち」では今後はこのような形式の懇談会を数多く持ちたいと思っています。著名な文化人の講演も大切な事ですが、一方向性の伝達ではなく、双方向性のコミュニケーションを獲得し、共感と賛同の輪を広げていくことも必要なことだと思っています。

10月8日、北千住駅西口で街頭宣伝・演説会

立憲民主党の北條氏、日本共産党のそぶえ氏と共に街頭演説会を開催しました。
安倍政権と新たにできた希望の党は考え方が基本的に変わらず、手法も独裁的であること、憲法違反の安保法制容認、平和憲法を変えようとしていることなど、問題点をあげ、国民が平和で安心して暮らせる社会が必要と訴えました。
市民連合あだちは引き続き平和憲法を大事にし市民連合と政策協定を結んだ2候補者を支援、一本化に最後まで努力することを表明しました。
区議会からは無所属の土屋議員、共産党議員が、斉藤まりこ都議、新社会党、緑の党の方々も参加し市民と野党の共同をアピールしました。

10月7日に再度、日本共産党、立憲民主党に候補一本化要望書提出

10月7日(土)午前中の事務局会議で、13区での野党候補の1本化をめぐる動き、現局面評価、要望など議論しました。会の代表の中山武敏弁護士から直接各党に要望が出されていること、北條さんからの提案内容、他区や全国の状況など情報が共有され、なお、可能性がある限り共闘強化・1本化を追求しよう、となりました。

そのために、日本共産党、立憲民主党の双方に要請書を送ろうとなり、以下の内容の要望書を市民連合あだちとして両党に送りました。送付先は日本共産党中央委員会、日本共産党東京都委員会、立憲民主党代表枝野幸男さんあてです。

<要望内容の本文>

 日夜のご奮闘に心より敬意を表します。

 10日の公示をひかえ、東京13区では日本共産党、立憲民主党の立候補予定者がおり、このままではお二人に票が分散し相手自民党を利することになります。そして市民と野党共闘の流れに水を差してしまい、多くの市民の望むところではありません。

市民連合あだちでは、これまで市民と立憲野党の共闘を求めて活動をつづけ、立候補予定者の二人と共通の政策で合意書に調印したところです。その内容は、憲法9条改正に反対、安保法制など立憲主義に反する諸法律の撤回などです。主要な政策で一致していますので、候補の1本化がはかられるならば、市民の期待と力を集め、必ずや両党の皆さんの躍進につながると確信しています。小選挙区、比例区で両党の躍進がはかれるように市民連合あだちも、いろいろな知恵をしぼっているところです。

 今回の選挙は、自公勢力とともに希望の党、日本維新の会などが、憲法改正に足並みをそろえており、これを阻む共産党、立憲民主党、社民党などと市民の共闘が大きくなることを切望しています。この願いとこれまでの努力をうけとめていただき、市民の力が分裂するような選挙とならないように、候補の1本化をぜひ進めてください。

 時間は限られていますが、ぜひともこの願いをかなえてください。わたくしたち市民連合あだちも力の限り奮闘いたします。